ちくたくちくたく

未来しか見えないよ

岸優太くん、デビューおめでとう。

 f:id:nkiayk:20180119204639j:image

 

「 岸くんがデビューします。 」

 

この一文を言いたくてどれだけ待ち望んだかな。自宅警備員と言われ、夢を追う青年と答えてた岸くん。デビューが夢のようで、2日経った今でもフワフワしてる中で岸くんを見ると「今春デビューすることが決まってる岸優太くんだ、お顔が良い」って泣けます。お顔が良いは正義。
「デビュー」はWSを見て新聞を買って実感して、そういえばキンプリで写ってる新聞なんて前も買ったなぁ、と思ったらクリエAとキンプリ結成の記事が出てきてまた涙が溢れてきた。今回はデビューなんだね、みんな大きくなったね。

思い返すと一方的な沢山の思い出があるんですけど、全部私にとって大切なもので。だから、今回のデビューを受けて感じたことは正しいのか分からなくて書こうか迷ったけど、書く。

1/15
特別番組番協のお知らせがきた。今回はいつも以上に早くて、翌日午前締め切り翌日午後発表。後付けでいくらでも言えるけど、胸騒ぎがして。いつもは休むという選択肢は無くて番協はスルーしてるんだけど、たまたま水曜日は午前中お休みで。午後もお休みもらうかギリギリまで悩んだけど、結局諦めた。

1/16
ハピアイに大掛かりなカメラが入る、円盤化するかも?ワンチャンBlu-rayおねしゃす!え?コントPrinceじゃないの?(困惑)って感じで楽しい。

1/17
朝からPONを見て源太サイコーだな、ってなる。そして、特別番組収録始まってる〜って思いながら準備をして家を出る。午後3時 特別番組が気になってiPhoneを見るとLINEと電話の通知。急いでツイッターを開くと、「King&Prince今春CDデビュー」の文字。そこには、ずっと3年以上待ち望んでいた「デビュー」の文字があって。でも私が望んでいたデビュー発表とは違っていて。公演に入った沢山のオタクとその瞬間を味わう予定だったので新聞とWSを見るまで本当に実感が湧きませんでした。突然過ぎて頭が真っ白になる中、とりあえずすぐに友人に電話をして、涙が止まらなくて、やっと発することが出来た一言目が「意味分かんない」


とっても嬉しい、こんなに嬉しいことってあるんだって思ったのと同時に経験したことのない切なさが込み上げてきて、走馬灯のようにぶわって蘇るのは、2014年だった。2014年3月17日に入ったSHOCKで岸くんのことが気になって、セクセカやガムパに足を運び、2015年2月8日のお兄ちゃんガチャで岸担になることを決めた私にとって、あの1年はとってもとっても大切な思い出で。それは岸くんがキンプリとしてデビューしたことによって本当に思い出となってしまった。切ない。Jr.担をするってこういうことなんだ、って実感した瞬間だった。だけどきっとこれは岸くんがデビューするときそこにじぐいわあらちか誰か1人でもいなかったら感じることだと思うので切なさに酔うことで自己完結出来る。

だから2年半前なら、あのドキドキも強さもキンプリに勝つ括りはないと思っていたから、たぶん、受け入れる受け入れないの前に当然の出来事と思えたと思う。ドキドキも圧倒的な強さも今もあの頃と変わらないどころかあの頃以上。絶対売れると確信できる。でも、この2年半の間に岸くんと同じくらいPrinceのことを好きになってしまった。いつメン以上にキンプリ以上にじぐいわきしのことを知ってしまって、じぐいわきしとの思い出が多すぎて簡単に「キンプリ!やったー!サイコー!」とはならなかった。Princeだけの空間はどうなるんだろう?って。2017年夏から冬はオタク人生で1番多幸感があってPrinceはPrinceとして舵を切ったと思っていた。ジャニーさんに直訴したあとどんな気持ちでPrince湾岸をしたのかな?どうしてプリンスホテルで公演をしたのかな?これからも「Prince」は残ると聞いて今後もPrinceのコンサートや活動があるのかな?と少し安心したけど、やっぱり心のどこかで寂しさを感じずにはいられない。Princeはいつもオタクに優しかった。こんなに大切に扱われるんだってびっくりするくらいアイドルとして完璧だった。脆さの中にある強さがとても好きだった。「My Prince Your Princess!!」のC&R気に入ってたんだけどな。岸くんのデビューは本当に本当に嬉しい、寂しいの何百倍も嬉しいから胸が苦しくなる。岸くんを知ったらみんな好きになるって確信しているから世の中の人に見つかって欲しかった。お金がなかったり遠くにいて現場に行けなくてもCDショップに行けば岸くんがいる。そんな未来をずっっと夢見てた。たった数年しか応援してないけど、私が見てきた岸くんは常に一生懸命で、純粋で真っ白で努力家で憧れであり尊敬できる人だった。そんな岸くんが選んだ道ならこれから先もずっと応援していきたい。岸くんが見せてくれる景色をこの先も見たい。紫耀くん、「6人でやりたい」って発信してくれてありがとう。6人で決断して直訴してくれてありがとう。きっと3人なら出来なかったよ。ただ、少しだけ立ち止まって大好きな思い出を振り返る時間が欲しい。それくらい突然のことで追いつくことが出来ない。じぐいわと岸くんがこれからも一緒なのが何よりも嬉しいことに変わりはないし、結成前からずっと見守ってきたメンバーだからすぐにまた大好きになる。CDもカラオケもコンサートも楽しみだし、年上組の宇宙人っぷりをまた見れるのかと思うと嬉しいし、ね。岸くんよく頑張ったね。ここからまたスタートだけど、新しい世界に踏み出すキンプリの未来が幸せでありますように。

絶対売れような!目指せ億万長者!

 

f:id:nkiayk:20180119204018j:image


岸くん、デビューおめでとう。

 f:id:nkiayk:20180119090047j:image